現在では代行業者を利用するのが一般的となっています。
この場合、海外の業者と連絡を取り合う必要がないのと、通販の様に買うことができる事、さらに全て日本語でやり取りできる事等が大きなメリットです。
さて、そんな海外医薬品ですが届先に関してルールがあるのをご存知ですか。
前述したように、シアリスこの医薬品は個人的に利用する事を目的としている場合のみ無申請で輸入が出来ます。
この「個人」というのが大きなポイントです。
注文しているのは個人であって企業ではありません。
従って、届先が企業名となっている場合は税関を通る事が出来ない場合があるので注意しましょう。
あくまでもその海外医薬品を手に入れる人は個人であり、企業ではありません。
従って注文する時は個人名で注文する様にします。
また国内で荷物を送る場合、自宅に届けてもらわなくても郵便局留・宅配営業所留とする事も可能です。
そうして自宅に荷物が直接届かないように出来ます。
このシステムは自宅にほとんど帰らない人にとってはとても便利なシステムだと言えるでしょう。
しかし海外医薬品に関してはそうではありません。
もし郵便局留という事になると、三便宝相手から見て個人で利用するのか、それともそれを販売・譲渡するつもりなのかが判断できなくなってしまうのです。
従って、この場合も税関で留められてしまう事があるので注意が必要です。
従って、海外医薬品の個人輸入をする時は、届先は個人名とするようにしましょう。
誰が見たとしても個人的な使用と分かるようにするためには、企業名や郵便局留・宅配営業所留めとするのは良くありません。
また代行業者ではこの場合の荷物の未着は補償対象外となってしまうので、NEW勃動力三體牛鞭確実に薬を手に入れたいと思ったら、届先は自分の住所・名前にすべきです。



このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています